夏の冷え性にご注意を!

お問い合わせはこちら ご予約はこちら

夏の冷え性にご注意を!

夏の冷え性にご注意を!

2021/07/13

夏の冷え性にご注意を

夏の冷え性の原因

こんにちは!

mana整骨院です😊

最近は急な雷雨など、お天気が不安定ですね。

梅雨明けは来週になりそうでしょうか。

 

さて、これから夏本番を迎えますが、暑くなって冷たい飲み物や食べ物などを摂りすぎて、お腹を壊したり手足の冷えなどを感じていませんか?

 

ついつい暑いと冷たい飲み物をがぶ飲みしたり・・・🥤🍺

冷たい食べ物を選びたくなったり・・・🍦

冷房の効いた部屋にずっといたり・・・🥶

 

外は蒸し暑く、日差しは照りつけるように強いのに、手足や下腹部がいつも冷たいなど、「夏の冷え性」に悩む人も多いと思います。

冷房の効いた室内に長時間いるとカラダは体温を維持しようとし、血管は収縮します。

そのため、血液の巡りが悪くなり、カラダの末端である手足から冷えていきます。

 

また、外の暑さと冷房の効いた室内との温度差が大きいと、カラダはうまく対応しきれず、血液の巡りが悪くなることに加え、自律神経が乱れも生じます。

さらに冷たい飲み物などを摂ると、内臓が一気に冷えてしまい、その冷えた内臓を温め直すには大変なエネルギーと時間が必要になってしまいます。

 

そして、内臓が冷えるとお腹を下しやすくなります。暑い夏にお腹の調子が悪くなる人が多いのはそのためです。

その他、ストレス、運動不足など、現代生活には冷える原因がたくさんありますが、血液の巡りが悪くなると、カラダはこわばり冷えていくのです。

夏の冷え性にご注意を

【改善策】

改善策としては、

 

●食べ物や飲み物の温度は常温、または体温より高いものを選らびましょう。

●食事の際、お味噌汁やスープなど、温かい汁物をプラスしましょう。

●おやつを食べるなら、カラダを温めながら栄養も摂れるドライフルーツがオススメです。

 干し芋、レーズン、栗、桃、あんず、ショウガなどは、東洋医学においてカラダを温める「陽」のフルーツと言われています。

 鉄分が豊富に含まれているので、生理前のカラダにもオススメです。

●冷え性だからと熱いお風呂に入ったり、サウナで大量の汗をかいたりするのは、かえって逆効果です。

 冷えている時は、39度~40度のぬるめのお湯に15分~20分ゆっくり入りましょう。

●中と外の気温差対策として、ストールや羽織るものを持ち歩くのも良いですね。

 お腹や背中が出てしまう丈の洋服は冷えの原因となりますので気をつけましょう。

 

 

お腹や手足などカラダの冷えなどでお困りの方、ぜひmana整骨院にご相談くださいね😃

マッサージでカラダの血の巡りが良くなりますよ!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。