秋に多いギックリ腰

お問い合わせはこちら ご予約はこちら

秋に多いギックリ腰

秋に多いギックリ腰

2021/09/18

「ぎっくり腰」になったことはありますか?

こんにちは(*^-^*)百合丘 mana整骨院です😄

台風が上陸し、雨が強くなったり弱くなったり…

外出の際はお気をつけください。

 

「ぎっくり腰」になったことはありますか?

私も先日初めてぎっくり腰になりかけて焦りました。

突然起こる「ぎっくり腰」、実は秋に多いのです。

 

朝晩と日中の温度差が激しくなるので、腰の筋肉が引きつり、動けないほどの痛みに襲われることがあります。これがぎっくり腰です。

 

物を持ち上げる時、高い所手を伸ばした時、急に立ち上がった時、靴下や靴を履こうとしたとき、くしゃみをした時・・・

日常生活の様々な場面にぎっくり腰になるキッカケがあります。

特に腰が弱っているときや、疲労が溜まっている時には、何気ない日常動作にも油断は出来ません。

 

いざぎっくり腰になってしまったら…

ぎっくり腰なった時、筋肉は縄をギュッと絞ったかのように引きつっています。

まずは安静第一です。

無理はせずに腰の様子を観察しながら動かせるようになったら

徐々に動かしていくようにしましょう。

数日経っても良くならない場合は病院を受診しましょう。

 

温まった後、冷める時に悪化してしまうことが多いので、入浴も控えた方が良いです。

シャワー時の姿勢がきっかけで症状が悪化したり、再発することもありますので、姿勢には十分ご注意下さい。

温湿布やカイロも痛みがひどくなる事があるので、発症直後の使用はおすすめしません。

 

腰が痛くて横になれない時の為に、痛みを和らげる寝方をご紹介します。

 

仰向けで足を高い位置に置いて寝る

足の位置を高くする事によって、腰への負担が軽減します。

足下に置くものは適度な柔らかさがあれば何でも大丈夫です。

タオルや毛布などその場にあるものを使いましょう。

横向きで膝を曲げて寝る

横向きに寝て膝を曲げます。

その際に、両膝の間にクッションを挟むと腰と脚が水平になり骨盤が安定し、痛みが軽減されます。

この方法で寝ると腰への負担が減り、痛みが軽くなるはずです。

緊急時にはこの寝方で安静にしましょう。

 

 

予防としては、腰周りを冷やさない事、筋肉に疲れを溜めない事、背筋をつける事、適度に運動し筋肉をほぐして緊張させない事などが効果的です。

日常的に筋肉をほぐすにはマッサージが効果的です。

時間を見つけて当院に是非お越しください。

またぎっくり腰の後、状態がよくなりましたら筋肉を和らげるマッサージも行えますのでご相談下さい。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。