お問い合わせはこちら ご予約はこちら

百合ヶ丘 mana整骨院 健康。美容ブログ

2021/05/10

侮るなかれ!ストレートネック

こんにちわ。mana整骨院です。
長い連休も明け、夏日のような日々に身体がついていけず不調がある方も多いのではないでしょうか?

本日はスマホやパソコンの普及で増えつつあるストレートネックについてお伝えしていきます。

 

ストレートネックって?
ストレートネックとは名前の通り、首が真っ直ぐな状態です。
背骨は立ち姿勢を横から見たときに通常S字に弯曲しています。
これは重さがある頭を支えるために背骨が弯曲していないと肩や腰にかかる負担が大きくなるためです。

正常な首は背骨が弯曲していますが、首の骨が真っ直ぐな状態で作業しているとその状態で筋肉や関節が硬くなってしまい、

やがてデスクワークなどをしていない時でもストレートネックの状態になってしまいます。

 

 

侮るなかれ!ストレートネックの症状
ストレートネックになるとクッション性が無くなり肩や首が凝りやすい、

上を向きづらいなどの症状が多く見られ、しまいには頭痛やめまい、不眠症などを引き起こす原因になったり、

酷い方は手がしびれるなどの症状が出る場合もあります。

 

ストレートネックになる原因は?
ストレートネックは頭を支える首の負担が大きくなり、

本来は弯曲している首の骨(頸椎)が真っすぐになってしまう状態で起こります。
長時間うつむき姿勢でスマホやパソコンを操作するなどの姿勢はお体に良くありません。

 

ストレートネックの一番の原因として考えられているのは、スマホやパソコンの使い過ぎによる同一姿勢が影響しています。

常に顔を下に向けていることによって首の骨がだんだん前に移動し、頭の重みで首がまっすぐに伸びてしまいます。

スポーツなどでも首に衝撃を受けやすい人もストレートネックになりやすいと言われています。


私自身、バレエや様々なジャンルのダンスをしていますので意識的に背骨をまっすっぐにする為、かなりのストレートネックです。。

(背骨の延長線上に頸椎がある為クラシックバレエやフィギュアスケートの選手なんかもストレートネックになりやすいんだとか。)

 

 

治療方法
mana接骨院では、ストレートネックの原因となる姿勢・骨盤の歪みを整えて改善していきます。
ストレートネックの原因は首や肩まわりの筋肉の硬さが原因です。

ストレートネックは一度形成されると簡単に元には戻りません。

日々の不良な姿勢により筋肉が硬くなり背骨の弯曲が少なくなっています。

 

首や肩まわりの筋肉をしっかりと緩めることと歪みを取ってあげることでストレートネックは徐々に改善されます。
就寝時の枕の位置が浅いと頸椎に負担をかけますので、ストレートネックの予防として生活習慣の改善も必要です。


最近はお子さんのストレートネックも増えています。

特に成長期の子どもは正しいケアが必要です。何かおかしいなと思ったらすぐにご相談することをオススメします。

 

ストレートネックは病気じゃないからと我慢せずに

是非一度mana整骨院へお越しくださいませ。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。