骨盤の歪みに気をつけよう!

お問い合わせはこちら ご予約はこちら

骨盤の歪みに気をつけよう!

骨盤の歪みに気をつけよう!

2021/09/10

骨盤の歪みに気をつけよう!

日常生活の癖を治そう。

こんにちは!
百合丘 mana整骨院です(^^)/

昨日の雨も、スッキリ晴れて汗ばむ陽気ですね。
風が秋に変わってきたので、心地よいですね☺️


さて、今日は骨盤の歪みの原因についてお伝えしようと思います😊


身体全体を支える骨格、土台となる骨格である骨盤。
骨格や骨盤が歪むと、身体のバランスも崩れてきてしまいます。


【歪む原因】

○筋力不足・筋肉の使い方の左右差

運動不足などによって筋力が弱まってしまうと、体を支える筋力も弱くなり正しい姿勢をとることが難しくなります。
体の重い部分を支えるために骨盤が前後どちらかに引っ張られて傾いたり、これまで染み付いた普段の姿勢や動作の癖により、どちらか片方だけに負荷がかかったり、どちらかの筋肉がうまく使えていない影響から、筋肉の柔軟性や筋力には左右差が生まれ、歪んでしまいます。


○日常生活のご自身の癖

前述の筋肉の使い方の左右差でも触れましたが、日常生活のご自身の癖が骨盤の歪みに繋がってしまっています。
例えば…
・無意識に脚を組む
・横座りの習慣がある
・重心が片足に乗る
・ハイヒールを履くことが多い
・うつ伏せで寝ることが多い
・カバンを持つときはいつも同じ方の手   etc…

このような癖がある方は、骨盤が歪んでいる可能性が高くなります。


○出産

出産後、開いた骨盤は一般的に3~4ヶ月かけて元に戻ります。 しかし妊娠期間中の筋力の低下、特に骨盤内のインナーマッスル(大腰筋)や内腿の筋肉が弱くなると、骨盤が正常の位置に戻りにくくなり、歪みといった症状が出やすくなります。
では、骨盤が歪むと、身体にさまざまな影響を及ぼす恐れがあります。
どのような症状が起こるのか、以下で見ていきましょう。


【身体への影響】
・腰痛
・肩こり
・冷え性
・便秘
・むくみ
・下腹が出る
・代謝が悪くなり太りやすい
・生理痛や生理不順
・O脚やX脚
・不眠や自律神経の乱れ  etc...


身体の歪みをそのままにしないようにしましょう!
ご自身の生活の癖を気にして改善することはもちろんですが、自分ではどうにもならない!等ありましたら、当院へご相談ください(^_^)v


mana整骨院では、骨盤矯正コースは人気で、産後のお母さまも多くいらっしゃっています。
平日はお子さま連れも大歓迎です(*´▽`*)

皆さまのご来院をお待ちしております!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。